イメージ

ドライフードとウェットフードを混ぜてあげる理由

もともと猫ちゃんの祖先は中東やエジプトなどの砂漠で暮らしていました。
砂漠では水をたくさん飲めるところは少ないですよね?
もちろん猫ちゃんの祖先もそうでした。
そこで、彼らは捕らえた獲物である小動物から水分を補給していたんです。
小動物を食べることで、獲物の中に含まれる水分を自身の体内に摂取していたんですね。
そのため、猫ちゃんの中には、水を直接飲む習慣がない猫ちゃんもいます。
中には、直接、水を飲むことを嫌がる猫ちゃんもいます。
「病気なのでは?」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、祖先が砂漠出身のため、もともと猫ちゃんは食事に含まれる水分を摂取する動物です。
ウェットタイプのキャットフードを中心に、毎日の食事として与えてあげていれば、心配することはありません。
ドライフードに、ウェットフードを少量足してあげても良いですし、ドライフードをぬるま湯でふやかして与えることも良いでしょう。
キャットフードをふやかすメリットも合わせてご覧ください。
ウェットフードは少し値が張りますので、一日2回の食事のうち、1回をウェットフードと決めてあげても良いでしょう。
またこちらのキャットフードとドッグフードの違い通信販売のキャットフードについても参考にご覧ください。